社長ブログ”千客万來”

ISO更新審査

去る8月18・19日にISOの更新審査があった。
いろいろな事情により今回から認証機関を替えての審査であった。
ISOを初めて取得した2000年頃はISOブームで取得が企業のステータスの様に扱われ、取る事で他社との差別化を図れると思っていた。
しかし実際には、維持管理の費用が高いのと、維持のための審査に一貫性が無く、審査の度に継続の必要性に疑問を抱いていた。

しかし、今回の審査においては、
①経営陣の意志及び目標管理
②PDCAサイクルによるシステム運用の評価
③改善活動及び成果の評価
④製品及びサービス側面の評価
と非常に具体的に評価をして頂き、高い評点を頂いた。


品質こそが企業繁栄の条件と考え社員一丸となって頑張ってきたので、大変嬉しかった。また最高点を目指し次の審査に向けやる気も湧いた。
新しい審査機関の考え方はISOを通し企業が品質向上と成長を実現することで
あるとの事。
審査機関という立場はあるが、お客様の繁栄を願うという事は
我々の考え方にも共通する。良きパートナーに巡り合えた事に感謝し、今後も
切磋琢磨を続けお客様に信頼して頂ける品質を提供していきたい。

吉澤 比佐志


あなたの中の最良のものを

 img25_Mother-Teresa-in-India.png

人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行ないをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にすることなく、し続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい。

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。
気にすることなく、作り続けなさい。

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく、助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。
けり返されるかもしれません。
でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。


***********************************


あまりにも深いマザーテレサの言葉。読むたびに勇気づけられます。
マザーテレサのような心の境地に達する事はできませんが、人を恨まず、自分の特性で周りの人を少しでも幸せにできるよう、生きて行きたいと思います。




吉澤 比佐志

会社の看板

インターネットを通じて、弊社のドライバーの運転マナーに関する苦情を頂いたことがある。走行速度や車間距離が危険運転に相当するとの内容で、心よりお詫び申し上げると同時に、二度とこのような恥ずかしいお叱りを頂戴しないよう、社員教育を行っている。

社名の表示された車は、会社の姿勢をそのまま表している。
その自覚の無いドライバーは、劣悪なマナーで会社のマイナスイメージを世間にまき散らかしている。社員教育の杜撰さを宣伝して走っているようなものだ。お客様は常に厳しい目で我々をご覧になっている。


話は変わるが、先日羽田から富山行きの飛行機に乗った時、たまたまJリーグの選手数名がいた。富山のチームと対戦するアウェーのチームの選手のようだったが、声のボリューム、話の内容どれを取っても子供があこがれる職業であるという自覚を微塵も感じられなかった。アウェーという油断が出たのかも知れないが、少々がっかりした。富山の選手にはどこに行っても敬愛される立ち居振る舞いをしてもらいたい。

仕事中であれ、時間外であれ我々は会社の看板を背負っている。
社員にその事を強く意識してもらうための教育とそれに相応しい企業にするという努力を経営者として実行したい。

 img9_3586.JPG

 吉澤 比佐志