社長ブログ”千客万來”

変わるという事

 北陸新幹線が開通して9か月が経過した。富山駅周辺は連休ともなると、観光客と思しき人たちの姿を見かけるようになったが、金沢の街の賑わい振りとは比較にならない。その繁盛ぶりを目の当たりにすると、人が増えたはずの富山の街が寂れて見える。

 勿論金沢の観光地としての魅力は北陸でも際立っているが、それ以上にこの100年に一度のチャンスをいかに生かすかという取り組みに対する思いの違いは確実にあったと思う。新幹線が来て、それに乗ってくる人たちが増えたら、街をどう変えて行くのか、その為に自分たちは何をしなければいけないのか?という事を徹底的に追及したのでは無かろうか。それは駅周辺の整備にも如実に表れている。金沢駅は新幹線の開通前にきっちりと完成した。その結果、金沢駅は世界で最も美しい駅14選に選ばれた。正面の鼓門は圧巻であり、観光客はその迫力に圧倒され、旅行気分は高まる。一方富山駅と言えば、正面は未だに何ができるのかもわからないまま工事が行われており、観光バス乗り場がある北側には新幹線の出口が無く、地下道を通らなければならない。地下道を利用するには小さなエレベーター以外の昇降手段がなく、大きな鞄を引きずりながら階段を昇り降りする観光客を見ると申し訳なく思う。もし自分がその立場なら、旅の楽しい気分はちょっと萎えるだろう。行政批判をするつもりは毛頭無い。きっと、想定外の事が多くあったのだろう。今まで通りの考え方、やり方では通用しない事が次々起きて気が付いてみたら、後手に回っていたのだと思う。駅整備という目に見える成果の評価をされる立場の人たちはつらいと思う。しかしこの違いは、金沢の関係者に新しいものを創造するためには、自らが変わらなければならないという強い意志が有ったのだと思う。絶対にいい街を作ろうという思いと極上のおもてなしをしたいという心が。

 物流の現場でも似たようなことはある。生産性や品質が悪く、弊社にアウトソーシングの相談があり、検証の結果、品質も生産性も改善しコストダウンも可能であるとお伝えしても、導入に二の足を踏むケースである。殆どの場合、現場の責任者が社内を説得し切れない。アウトソーシングという手法に馴染みが無いのか、富山県トラックが不安なのかはわからない。勿体無いなと思いながらも、お客様が判断される事なのでそれを受け入れるしかない。変える事の難しさを痛感するが、それを実行しなければ後の世代につけを残す事は明白である。変えない方が楽ではあるがその代償は計り知れない。我々も他人事と思わず、常に変化に対応し最高の物流を提供する企業になるという目標の手綱を緩めてはいけないと改めて思う。

 末筆となりましたが、今年も僅かになりました。来年も失敗を恐れず、お客様に必要とされる会社になる為、社員一丸となって頑張って参ります。今後共宜しくお願い致します。

吉澤 比佐志

365歩のマーチ

大学を卒業して入社した会社の社長が、「365歩のマーチ」大好きで、会社の運動会などの行事でこの歌をよく歌わされた。
今もそうだが、基本的に演歌というのが好きでは無かったし、
歌っていた水前寺清子の衣装が子供番組のお姉さんのようで、この歌が苦手だった。
しかし、改めて歌詞を見てみると、何とも良い。
経営者として尊敬していたその社長の人生観が、見事に凝縮されている。
会社を辞める時に、君も私と同じ経営者になるのだから頑張れと励ましてくれたその言葉を、改めて思い出す。
特に「休まないで 歩け」は身につまされる。
社長の激励を思い出し、365歩を踏みしめて行きたいと思う。


しあわせは 歩いてこない
だから歩いて ゆくんだね
一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる
人生は ワン・ツー・パンチ
汗かき べそかき 歩こうよ
あなたのつけた 足あとにゃ
きれいな花が 咲くでしょう
腕を振って 足をあげて
ワン・ツー ワン・ツー
休まないで 歩け 

(2番省略)

しあわせの 隣にいても
わからない日も あるんだね
一年三百六十五日
一歩違いで にがしても
人生は ワン・ツー・パンチ
歩みを止めずに 夢みよう
千里の道も 一歩から
はじまることを 信じよう
腕を振って 足をあげて
ワン・ツー ワン・ツー
休まないで 歩け


吉澤 比佐志

終戦70年に思う

 今年は第2次世界大戦が終わってから70年の節目の年を迎えている。安倍首相の談話には賛否両論あるが、個人的には評価に値するものだと思う。
敗戦の教訓から、日本は平和国家建設に最善の努力をしてきた。しかし今は、終戦当時の状況とは全く異なった安全環境にあることをしっかり意識して、この国を守ることを考える事が必要だと思う。
しかし、だからといって「日本は悪くない」という内向きな考え方に陥る事も賢明ではない。政治的なプロパガンダや教育により、今でも日本に対する誤解を持っている人はたくさんあると思う。
だからこそ、特に政治家には、日本が世界の平和に貢献できる活動をしっかりしてもらいたい。戦時中とは比べ物にならない豊かな生活を享受する中で、その豊かさを分かち合える活動を通して、日本の価値を世界にアピールすることが、ひいては日本の平和につながると思う。
残念ながら今の日本人には、自分中心の内向きな考え方の人が多いと思う

 これは企業に関しても同様なことが言える。アベノミクスにより、その恩恵を得ているのはほとんど大企業である。賃金の上昇も大企業の方が多い。
しかし、その増益により我々のような輸送業者の労働環境が改善されることは、さほど多くない。荷主の利益優先のつけが我々輸送業者の負担に委ねられることもある。荷主の輸送最適化のために、労働時間並みの荷待ちを要求されることがある。内向きの利益が優先されている為だ。

 また最近では誰でも知っているような大企業の不正がたびたび明るみになっている。自分の任期中さえ良ければよいと粉飾決算を部下に強いるような事例だ。これにより会社は今後大きな負の遺産を背負うことになる。大戦に向かう当時の日本にも似ている。このような人たちが財界で日本の将来を考えているようなら、恐ろしいことだ。

 勿論、取引先との条件を積極的に改善に動く企業もある。その場合、相互理解により強いパートナーシップが生まれる。当然我々は顧客に対する信頼を強く抱き、より良いサービスの提供をする。何より彼らは聞く耳をもっている。

 国際関係が複雑化する中、最近は中国や韓国に対し強い反発を持つ人が多い。わからないでもないが、自分の生活の中で絶対に認められないという存在がいないだろうか?相手がどんなに誠意を尽くしても、「絶対許さない」というものが。仕事の場合はそれを乗り越えて信頼関係を作る。国家間の問題解決も時間はかかるが不条理と諦めずに辛抱強く取り組んでいかなければならないと思う。

 財政再建や少子高齢化など多くの問題を抱えた日本。10年後にはどんな国になっているのだろうか。

吉澤 比佐志

「表現力」とは

 平成20年に改訂された小学校の学習指導要領では、
児童の「生きる力」をはぐくむことを理念として、基礎的・基本的な知識及び技能を確実に習得させ、これらを活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力その他の能力をはぐくむとともに、主体的に学習に取り組む態度を養い、個性を生かす教育の充実に努めなければならない、としている。
これからの世代が世界中どこに行っても、自分の考えをしっかりと表現できるようになれば素晴らしい事だと思う。

 正直言って私は自分の「表現力」についてはあまり自信が持てない。毎月会社の勉強会「県トラ塾」で若手の社員に対し、講話をする機会がある。
その内容に関する社員の感想文を読むと、言いたい事が思いの外伝わっていない事がある。ある上場企業の社長が、伝えたことが伝わったことではなく、伝わったことが伝えたことだと言っておられた。言い換えれば、自分が伝えたと思っている事でも、伝わっていなければ、それは伝えたことにならないということだ。
「表現力」とは、伝えたいことをわかり易く、より多くの人に言葉や文章などで正確に伝える能力だと思う。自分の思いが相手に伝わっていないとすれば、それは伝え方に問題があるということだろう。
冷静に振り返れば、自分の思いだけで語っていることが多く、理解してもらう配慮に欠けていると思う。

 とは言え、伝え方は工夫や経験によって改善する事ができる。
例として、相手にわかり易い言葉で話す、根拠を明らかにする、具体例を盛り込む、数字を使って説明する、図やチャートを用いる等がある。試行錯誤を繰り返しながら、表現力が身に付いていくと思う。
一生勉強である。

 仕事においても表現力は重要なツールである。同じ内容の話しをしていても、話し方によって伝わり方が全く違う。社員一人一人の成長は自分の考えをしっかり伝えられるかどうかというところに現れる。社員の能力を引き出すためにも、彼らが自分の考えを表現できる環境や機会をより多く与える事が必要であると考える。豊かな表現力で会社をアピールしてほしいと思うからである。

吉澤 比佐志

富山県トラックの名前の由来

社名に何故「富山県」と入っているのですか?と尋ねられることがしばしばある。

命名した亡父からは「わかりやすいから」としか聞かされていないので、そのようにお伝えしてきた。
もともと富山県トラックは昭和四十四年に、父が経営していた会社の製品の輸送に使えると、経営不振であった運送会社を銀行の紹介で買い取り事業をスタートした。それ以来現在の名称である。
 この社名のため、トラック協会と勘違いされたり、富山県の関係の仕事をしている会社と思われたりもするが、全くの私企業である。
社長を務めて四半世紀、当初は少々違和感のあった名前にも、今は愛着を感じている。

 そんな折、先日あるご縁で大学の先生から父の残した自伝を読ませて欲しいと依頼された。何でも、学生の卒論の題材に使いたいというのである。
勉強家の上、記録魔であった父は自分の人生や、先祖の事を克明に記録し、それを四冊の本にまとめている。
勿論快諾し進呈したが、その大学の先生と話をする中で、私の曾祖父に当たる人物が話題になった。

曾祖父の名を高桑安次郎という。何故「高桑」なのかと言えば、私の祖父は祖母と結婚する時、祖母方に養子縁組をされ「吉澤」を名乗ったのである。紙面に限りがあるのでその経緯は割愛するが、その高桑安次郎が明治三十五年に興した会社の名前を「富山県模範工場」という。
小学校で学んだ郷土の歴史の教科書にあったこの会社の社長が、曾祖父であったと父から聞かされており、父は祖父にあたる安次郎を大変尊敬していた。そして最近インターネットで検索をしていて、富山県模範工場は「富山県」という名称を冠してはいるが、実際は全くの私企業であることを知った。小学生の頃学んだ時には、私も富山県が設立に係わっていたと思い込んでいた。
そして、もしかすると父が社名に「富山県」を付けたのは、敬愛していた祖父の社名をお手本にしたのではないかと考えるに至った。
勿論この世に父は居ないので真相はわからないが、満更当たらずとも遠からずではとないかと思っている。父の自伝には安次郎の生涯が克明に記録されており、その思い入れが窺い知れる。
「富山県トラック」という社名に曾祖父からの思いが流れているとするならば、これを大切に守っていかなければならないと思うと同時に、
早合点と父は笑うかも知れないが、これから社名の由来を説明する時には曾祖父の事もお話ししようと思う。

吉澤 比佐志


479460_408099489248035_1902925694_o.jpg