社長ブログ”千客万來”

富山県トラックの名前の由来

社名に何故「富山県」と入っているのですか?と尋ねられることがしばしばある。

命名した亡父からは「わかりやすいから」としか聞かされていないので、そのようにお伝えしてきた。
もともと富山県トラックは昭和四十四年に、父が経営していた会社の製品の輸送に使えると、経営不振であった運送会社を銀行の紹介で買い取り事業をスタートした。それ以来現在の名称である。
 この社名のため、トラック協会と勘違いされたり、富山県の関係の仕事をしている会社と思われたりもするが、全くの私企業である。
社長を務めて四半世紀、当初は少々違和感のあった名前にも、今は愛着を感じている。

 そんな折、先日あるご縁で大学の先生から父の残した自伝を読ませて欲しいと依頼された。何でも、学生の卒論の題材に使いたいというのである。
勉強家の上、記録魔であった父は自分の人生や、先祖の事を克明に記録し、それを四冊の本にまとめている。
勿論快諾し進呈したが、その大学の先生と話をする中で、私の曾祖父に当たる人物が話題になった。

曾祖父の名を高桑安次郎という。何故「高桑」なのかと言えば、私の祖父は祖母と結婚する時、祖母方に養子縁組をされ「吉澤」を名乗ったのである。紙面に限りがあるのでその経緯は割愛するが、その高桑安次郎が明治三十五年に興した会社の名前を「富山県模範工場」という。
小学校で学んだ郷土の歴史の教科書にあったこの会社の社長が、曾祖父であったと父から聞かされており、父は祖父にあたる安次郎を大変尊敬していた。そして最近インターネットで検索をしていて、富山県模範工場は「富山県」という名称を冠してはいるが、実際は全くの私企業であることを知った。小学生の頃学んだ時には、私も富山県が設立に係わっていたと思い込んでいた。
そして、もしかすると父が社名に「富山県」を付けたのは、敬愛していた祖父の社名をお手本にしたのではないかと考えるに至った。
勿論この世に父は居ないので真相はわからないが、満更当たらずとも遠からずではとないかと思っている。父の自伝には安次郎の生涯が克明に記録されており、その思い入れが窺い知れる。
「富山県トラック」という社名に曾祖父からの思いが流れているとするならば、これを大切に守っていかなければならないと思うと同時に、
早合点と父は笑うかも知れないが、これから社名の由来を説明する時には曾祖父の事もお話ししようと思う。

吉澤 比佐志


479460_408099489248035_1902925694_o.jpg

今シーズンの冬は

 新幹線の開通まで1か月を切ってきた。JR富山駅は地方駅とは思えないほど立派な駅舎が建設中であり、県民は開業を心待ちにしている今日この頃である。

 さて、毎年の話題であるが今シーズンの冬の気象データについて書いてみたい。今シーズンは、雪の降り始めが早かった為12月の降雪深の合計は100cmとなり、昨年の43cm、平年の57cmを大きく上回った。そして月の平均気温は3.5℃で、去年の5.1℃、平年の5.7℃を大きく下回った。12月は寒かったのである。そして1月は降雪深の合計が102cmで去年の31cmを大きく上回ったが、平年の159cmよりかなり少なく、平均気温はほぼ平年並みの2.8℃で比較的過ごしやすかったと言える。ただ2月に入ってからは3年ぶりに積雪が50cmを超える日があり、寒さがぶり返している。昨シーズンが暖冬であったため、ことしもそれを期待したが、どうも今のところ、平年並みで推移しているということだろうか。ただ、雪の降り出しが早かった分冬の期間を長く感じているように思われる。

 我々輸送業者(特に日本海側)は、初雪の時期を迎えると皆ナーバスになる。大雪になれば配車担当は、道路状況に常に気を配り、ドライバーの安全運転をサポートし、お客様の荷物を約束通りお届けしなければならない。またドライバーは時に吹雪の中や凍結した道を細心の注意を持って目的地をめざす。常に危険と隣り合わせの状況であり、気候の良いところを運転するドライバーとは比較しようのない程のプレッシャーである。今シーズンも2度ほど大きな寒波があり運行に支障が出たが、大きなトラブルもなく乗り越えているのは、そんな努力の結果であろう。加えて、本社の物流センターには毎日多くの荷物が運び込まれる為、大雪が降れば構内の除雪が必要になる。年初の大雪では、正月返上で社員が交代で除雪し、仕事始めを無事迎える事が出来たが、その後も毎日の天気予報をみて、必要に応じて出動できるよう準備をしている。しかし、我々はこれらを雪国のハンデとは考えていない。こういう状況の中でも言い訳をせずきっちり仕事をやり遂げる事がプロだからである。あとひと月もすれば、春の訪れを感じる季節になる。それまでは、とにかく安全第一で頑張りたいと思う。

吉澤 比佐志

一年を振り返って

 早いもので今年もあと僅かとなった。今年の漢字は「税」に決まった。
 確かに年初は消費税アップの駆け込みの影響で、大変忙しく始まったが、4月以降は反動も含め我々が期待したような荷動きにはならなかった。
しかし昨年後半から続く車輌不足は改善されることがなく、お客様の要求通りに車輌を提供する事や自社のドライバーの採用に困難を極めた。
 富山県トラック協会の統計によれば平成18年の県内の運送事業者数は870社で車輌数は15,409台であったものが、平成25年にはそれぞれ760、12,452に減少したということである。
長期に亘る車輌の供給過剰に伴う運賃低下、燃料費の高騰による採算の悪化、運転手の高齢化などの問題により、僅か7年の間に事業者は廃業や倒産により110社減り、車輌数は約3000台も減少した。
今後我々はお客様に満足して頂くサービスを提供し続ける為にはドライバーの絶対数の確保は必須条件であり、更に業界のイメージアップやドライバーの労働環境の改善に真剣に取り組まなければ、生き残りはあり得ないと危機感を持っている。弊社に限らず業界全体の来年に向けた大きな課題である。

さて、この年の瀬は強烈な寒波に見舞われ、ドライバーはいかに約束通りに荷物をお届けするか、神経をすり減らしながら運行している。
配車の担当者も寝る間もなく連絡を取り合って頑張っている。例え遠回りになろうと高速料金が余計にかかろうと、今は「届ける」という事のみを考えている。
しかし結果として通行止めが発生する事もあり、会社としても万策尽きる事もある。そんな中で荷主の皆様からはご理解とご協力を頂き、困難を乗り切る事ができている。
本当にありがたいと思う。

 来年もお客様のベストパートナーとなれるよう諸課題に取り組み、成長し続けたい。
また社員にとって来年の県トラが今年以上に働き甲斐のある会社になるよう、私自身が考え行動する事が使命であり、これを必ず実現したい。

末筆となりましたが、今年一年皆様には大変お世話になりました。
皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
来年も宜しくお願いします。

吉澤比佐志

新幹線開業のカウントダウン始まる

 北陸新幹線の開業が来年の3月14日(土)に決定した。すでに開業まで半年を切っており、県内では開業までの日数が表示されカウントダウンが始まった。

昭和48年に計画が発表されてから、紆余曲折を経ての悲願の開通である。県では100年に一度のチャンスと捉え少しでも多くの人に富山を知ってもらい、訪問して欲しいと考え、対策を練っている。報道機関では連日新幹線の話題が出ないことは無い。

 では、当の県民は新幹線に対しどのように捉えているのだろうか?
先日弊社の若手向けの勉強会である「県トラ塾」で新幹線の開通について話し合ってみた。先ず最初に次の質問をした。
「新幹線の開業日はいつ?」
「速達タイプの車両の名称は?」
「その停車駅は?」
「東京から富山までの所要時間は?」
「速達タイプは1日何本走る?」である。

驚いたことに、これに完璧に答えられる者はおらず、正解率も半分以下であった。そのような状況なので、「新幹線でどこに行ってみたいか?」という質問に対しても殆ど具体的な地名は上がらなかった。

 つまり、新幹線の開通はそれ程彼らの生活に大きな影響を与えず、あまり関心を持って捉えていないという事である。確かに今の彼らのライフスタイルの中では、首都圏に遊びに行く事はさほど重要な選択肢では無いのかもしれない。それはそれでいいのだが、同時にその新幹線に乗ってこれまで以上に多くの人が富山にやってくるという事に対しても、殆ど自覚が無い。
 そこで次にこんな質問をしてみた。「もし友達が富山に来て、半日フリーなのでどこに行けばいいかと聞かれた場合、どこを薦めるか?」
そこで「半日あるなら電車で金沢に行く事を薦めます。」との答えが出て大笑いになったが、「環水公園には世界一美しいスタバがあるので、そこでゆっくりしてもらいます」や「ライトレールで岩瀬の町に行ってもらいます。」等の意見がいろいろ出るうちに、皆の意識が徐々に高まり、塾の後に提出してもらう感想文の中に「もっと富山の良いところを調べて紹介できるようにします。」という内容が多く見られた。
 結果として、彼らに少しでも新幹線に関心をもってもらえた事が嬉しかった。新幹線が開通したからといって、富山の観光資源が増える訳では無く、観光都市金沢と比べれば街の魅力は劣る。ただ、不器用ながら富山県人は情に篤く、それに加えて富山には旨い酒と肴がある。一人一人の富山県人がおもてなしの心を持って富山の魅力をアピールできれば、それが観光資源になり多くの人に訪れてもらえる街になると思う。
街の魅力はハードでは無くハートである。
(新幹線の速達タイプの名称は「かがやき」停車駅は上野・大宮・長野・富山・金沢で1日10往復の運行 富山・東京間を2時間8分で結ぶ)

吉澤 比佐志

素晴らしいスポーツマンシップ

先日の海外男子ゴルフメジャー「全米プロゴルフ選手権」は一打を争う大混戦になったが、最終18番ホールでスポーツマンシップの素晴らしさを痛感させられるシーンがあった。

大会当日は豪雨の為の中断により、最終組のロリー・マキロイがスタートしたのが午後4時19分、バックナインに入ったころから、少しずつ暗くなりホールアウトが出来るかどうかが微妙な状況となった。
1つ前の組のリッキー・ファウラー、フィル・ミケルソンとマキロイの息を飲む接戦の中、18番ホールに2打リードのマキロイが到着した時、ファウラーとミケルソンはまだティーショットを打っていなかった。
マキロイはこの時「このまま待っていたらどんどん暗くなってしまう」と不安になったという。
ゴルフには日没サスペンデッドというルールがある。
暗くなってボールが見えなくなったら、その時点でプレーを終了し、翌日そこからプレーが始まるのである。
リードはしているが翌日に持ち越されれば、たった1ホールのプレイだけでも何が起こるかわからないとマキロイは不安になったのだ。

ここで、ティーショットを打ち終わったファウラーから合図をしたら君はティーショットを打ってくれ」と告げられたそうだ。

進行を早めるために、彼らが2打目を打つ前にマキロイにティーショットを打たせたのである。
合図のホーンが鳴ったら、プレーは翌日に持ち越される。
ファウラーは、ティーショットさえ打てば、ホールアウト(最後まで終了)が許されることを知って、マキロイに打たせたのだという。
その上18番のグリーン上ではファウラーのイーグルパット、ミケルソンの3打目のアプローチを残したままプレーを止めて視界のあるうちに、マキロイに2打目を打たせた。

その結果マキロイは最終ホールをパーで上がり優勝し、ミケルソンは1打差の2位、ファウラーは2打差の3位タイとなった。
ファウラーとミケルソンのスポーツマンシップが無ければ、僅か1打差の争いの結果は変わっていたかもしれない。

マキロイは「彼らの品位や人格をよく表していた行動だった。2人のすばらしいスポーツマンシップに感謝したくて、優勝スピーチで何回も(感謝の言葉を)繰り返したんだ。」
と語っている。

マキロイやファウラーは25才の血気盛んな若者である。
プロである彼らは勝ちたい気持ちは人一倍強いと思う。
勿論勝つことは重要だし、ズルをしても勝つことが全てという人もいるだろう。
しかし、それ以上に人としての本当の強さは何かという事を教えられたような気がする。
これぞプロフェッショナルである。


吉澤 比佐志