社長ブログ”千客万來”

暑中お見舞い

毎日暑い日が続いている。高知の四万十市では日本最高の41.0℃を記録した。
また、同市では40℃以上の最高気温が4日連続しこれも記録だそうだ。想像を絶する数字だ。清流四万十川の魚たちは酸素不足になっていないか心配になる。

一方富山市はどうなのかと、いつもの富山気象台のHPの「過去の気象データ検索」で
5月から8月までの毎日の記録をたどってみると、最高気温は7月12日に記録した36.9℃で、真夏日42日、猛暑日が5日、熱帯夜が6日であることが判明した。数字的にはさほどではなさそうだが、暑いことに変わりはないという事で他に何かデータが無いかと調べてみたら「富山県の気象資料&データ」に「夏日・真夏日・猛暑日」というのがあった。気象台のデータのち密さには経営者としていつも感心させられるが、これを見るとページの冒頭に1981年から2010年の平均値として真夏日40.3日、猛暑日5.7日、熱帯夜6.2日と表示されている。「さほどではない」どころか、夏半ばですでに平均値に達しているのである。数値は1939年から記録されていたので、1939年から1980年の平均を集計してみて驚いた、真夏日は38.7日と僅かに少ないだけだが、猛暑日は1.0日、熱帯夜は3.0日と少なく、猛暑日も熱帯夜も観測されていない年もあった。(詳しくは富山気象台HPをご覧ください) 加えて気付いたことは、1994年を境に数値が大きく変化しており、1994年から2012年の平均は真夏日48.1日、猛暑日8.7日、熱帯夜9.3日であった。今年も9月半ばまで残暑が続くことを考えれば、この数値を上回りそうだ。改めて暑さ対策の重要性を痛感した。

連日、他にニュースが無いのかと思えるほど、この暑さに対するマスコミの報道が過熱している。日本の最高気温を記録している都市にレポーターを送り実況放送をしている。
暑い、辛い、という映像を日本全国に流し続けてそこからは何が生まれるのだろうか?
暑いさなかに町おこしの祭りで頑張っている人には目を向けず、祭りの途中に熱中症で倒れた人のインタビューをしているこの国は正に病んでいるように思う。

この暑さの如く日本が活気づいてくれたらと思う。多くの重要な課題が解決されないまま放置されているにもかかわらず、能天気な報道でうやむやにされないように、頭だけはしっかり冷やして見守っていきたいと思う。


吉澤 比佐志

富山の観光を思う

 2年後の新幹線の開通に向け、行政は観光客をいかに富山に呼び込むかに躍起になっている。
地元新聞の記事も、新幹線開通後の街作りに関するものが多い。
当然の事だと思う。誰もが街の生き生きした姿を望んでいるのだ。

先日、東京でサラリーマンをしていた時の会社の後輩たちが是非富山に行きたい
と言って来た。
土曜日の朝一番の新幹線経由で富山に10時15分に到着する
と言う。
その後ホテルに荷物を置き、10時45分ごろの高山線で越中八尾に行き、
曳山会館にバス又はタクシーで行き、諏訪町でランチをする予定だとか。
コース的にはなかなかいい。
一所懸命調べたんだろうなあと思いながら、しかし
高山線のダイヤは大丈夫なのかと調べたところ、
越中八尾に行く電車は
10時27分12時32分しかない。
つまり、駅前とは言えホテルに荷物を
預けていると電車には乗れず、2時間の空白ができる。
それを避けるためには、
大きな荷物をゴロゴロ引きずりながら八尾の町を散策するしかないのだ。

都会で生活している人は、電車は「駅に行けば来るもの」と思っている。
山手線の時間を
調べて駅に行く人は皆無に等しい。
高山線という比較的全国区の路線のダイヤが2時間に一本など、想定外だったのだろう。
肝心の部分を見落としていたようだ。
すぐにその旨
を伝えるメールをした。
同時にレンタカーでの行動をアドバイスした。
免許を持っている
とは言え、ペーパードライバーが多いので、どんな選択をしたのかはまだ聞いていないが、見知らぬ土地をナビの誘導を頼りに運転するのは不安だろう。
おまけに、レンタカーはリスクと経費が増える。
新幹線開通前の現在は観光客にとって、目的地までのアクセスはお世辞にも良いとは言えないのだと痛感した。

新幹線の良さは何と言っても東京から2時間で富山に到着する事だ。
そして、観光客はそのスピードに見合った目的地までのアクセス時間を要求するのではないだろうか?
その為には、観光客と目的地を繋ぐアクセスの見直しが急務である。
車を使わないアクセス方法の確立を真剣に見直さなければ、それが整っている都市へ人は流れて行ってしまうだろう。

いずれにせよ、今回は仕事の都合で午前中は相手が出来ないのだが、午後はフルアテンドで富山の良いところに連れて行く予定だ。
多くの人に富山を気に入ってもらうために、出来るだけのことをしたいと思う。

吉澤 比佐志

IMG_9922.JPG

褒めて育てる

いかに教育すれば人を成長させることができるのか?というのは、
人類の永遠の課題だと思う。
最近では「人は褒められて育つ」と説くことが多い。
確かに褒められて伸びた人はたくさんいる。しかし、褒めることで相手を
成長させることができる人はわずかではなかろうか?
なぜなら、相手の頑張りや問題点を冷静且つ正確に把握して
その上で正しい指導を褒めるという行為を通して行うというのは、
口で言うほど簡単では無いように思えるからである。

何回言ってもできない相手に血がのぼって大声を出してしまう我々には
神業に近い行為だ。勿論すぐ怒ってしまうのを肯定している訳では無い。
相手のいいところを探し褒めるという行為に慣れていないのである。

褒めて育てる事の出来る人はうまく褒めることで相手のやる気を引き出し、
成長につなげる。
しかし、いくら褒めて育てるのがいいと言っても闇雲に褒めたところで相手には響かない。
褒めるつもりが、甘やかすことにもなりかねない。
まずは褒め方を学ばなければ意味がないが、
すぐに達人の域には到達できないのも事実だ。

ではどうすれば、褒めて育てられるようになるのだろうか?
まずは、相手ががんばっているところを一所懸命見つける努力をし、見つけたらすぐに褒める。
駄目なところは感情的にならずはっきり伝え、悪いと認識させ直させるという
事でいいのではないだろうか?

褒めることに慣れ、感情的になる事を避ける事
がスタートのように思う。
結局、相手の成長の為には先ず自分の成長が肝心なのだと改めて感じる。
褒めてもらってうれしい人に先ず自分がならないと指導者にはなれないのだ。


吉澤 比佐志

今年の雪模様

2月に入ったとは言ってもまだまだ寒い日が続いており、窓の外は冬景色が広がっているが、
春遠からじの安堵感もある。
できれば今後は大きな寒波の襲来もなく、穏やかに春に向かってほしいものだが、
神のみぞ知るである。

富山のこの冬は、昨年12月上旬に記録的な積雪があった後は比較的穏やかであり、
1月は日照時間も昨年に比べると多かった。
去年のこの時期には1m近い積雪があったので、現在の10cmは無いに等しい。
しかし、この無いに等しい積雪が太平洋側で降れば、国家的大ニュースになる。

先日東京23区で10cmの降雪予報が出た。夜半から翌朝にかけ都心でもかなりの積雪になるとして、全ての放送局で一日中の実況が始まった。
しかし、肝心の雪は殆ど降らなかった。何でも低気圧の進路が予想より南だったとかで、
「何故雪が降らなかったか。」までご丁寧に解説していた。
恐らく首都圏に住んでいない殆どの国民は言いようのない違和感を持ってテレビの画面を見ていたのではないだろうか。


気象が予報通りにならないことは、小学生でも知っている。
富山でも降雪予報と実際の積雪は外れることが多く、予想外に積もっていれば、
それに対応して行動するしかないし、何故こんなに降ったのか等はニュースにもならない。
それでもインタビューされて、間違った予報で迷惑した等と言っている人が多かった。
一方予測した方はこれが精度の限界であると言っていた。

雪は天気が回復すれば融けて流れる。地震や台風などとは本質的に違うように感じる。
終日の雪の報道を見ていると、日本人の関心は将来に対する不安ではなく、
取りあえず明日の天気のように思えてくる。

季節外れの大雪

 今月8日に降り出した雪は、10日にはこの時期としては異例の43cmの積雪となった。
富山地方気象台によると12月上旬の最高積雪を記録したとの事である。

 気象庁はその原因として偏西風の蛇行を挙げており、
例年より南側に蛇行することにより大陸の寒気を日本に引き込んだのだそうだ。
更に寒さは年明けまで続き、クリスマスごろに再び強い寒波が襲来する可能性があるので注意が必要との事だ。
冬が始まったのである。近年地球温暖化が叫ばれるが、ここ数年は積雪も多く寒い冬が続いている。
北陸に雪はつきものではあるが、心のどこかで暖冬を願っていた。
3か月予報で平年より寒いという予報が出ていてもである。

 さて、この想定外の雪が降ったのは週末である。
日曜日の深夜に40センチを超えており、この時点で大雪に対するシュミレーションを開始するのが豪雪地帯の心得である。
しかし、月曜日の朝になって、そのシュミレーションに見落としの有ることに気付いた。
子供が乗るバス停の除雪である。
本来は自分の仕事ではないが、かなりの確率で雪に埋まっており、
除けなければバスに乗ることができない。
慌てて行ってみると大人でも乗車地点に到達できない程の積雪があった。
また湿気の多い重たい雪なので、思うように作業がはかどらないため大半は足で踏みつけて通路を作り、
子供や他の乗客は無事バスに乗り込んでいった。

 そして、普段より30分以上早めに家を出発したが道路は大渋滞。
それも予想をはるかに上回る規模であった。
延々とつながる車を見ながら、毎年経験することなのに、
暖かい季節を経験すると冬の厳しさに対する心構えが風化してしまうことを、
毎年のように反省している自分がいた。

結果的には、朝礼開始に10分近く遅刻をしてしまった。
きっと他にも遅れている者がいるだろうと朝礼場所の倉庫に行って驚いた。
誰一人欠けていないのである。
聞けば、事前に早く出社して皆で除雪をする段取りをしていたそうだ。
朝礼で皆の顔が眩しく見えたと同時に、自分の至らなさを反省した。
ほろ苦い冬の幕開けとなったが、もう一度気を引き締めて、
厳しい冬を乗り切りたい。

吉澤 比佐志