社長ブログ”千客万來”

坂東眞理子さんのお話

先日富山県出身で現在昭和女子大学の学長をされている坂東眞理子さんの 講演を聞いてきた。
坂東さんは富山市の立山町のご出身で東京大学をご卒業後、
総理府に入られ埼玉県副知事やオーストラリア連邦ブリスベーン総領事等を 歴任された方で、
300万部を超える大ベストセラーとなった「女性の品格」 の著者である。
演題は「親が育てるグローバル人材」、小学校の保護者向けの 内容だったが、示唆に富んだ素晴らしい講演だった。

その中で印象に残ったのは、 坂東さんが学長という仕事を通じて、今の若者は夢を描けず「内向き」「下向き」「後ろ向き」になっているのではないかと感じる事があるということだ。
その一例と して、ハーバード大学の学部で学ぶ日本人が今年は1人しか入ってこなかった事を あげられた。
1980年ごろは70-80人だったそうで、正に激減である。
不景気の 影響で企業から派遣される人間が減った事もあるが、それだけではないだろう。
若者が「内向き」「下向き」「後ろ向き」になっているのだ。
日本は戦後の経済成長で世界中の注目を浴びた。
そして人々は豊かになり、それが いつまでも続いてほしいと思うようになった。
現状維持である。

その結果、自分たちの 既得権益にしがみつき自分だけが良ければいいという人が増えた。
坂東さんの言葉を 借りれば、「鎖国」状態である。
そこに大地震が起きた。
大変不幸な出来事ではあるが日本が大きく変われるチャンスだ。
しかし現実はどうだろう?
問題解決にあたる当事者には、「自分たちは何も変えたくない」事が方針決定の根底にあるにように映る。
それどころか、苦しんでいる仲間を助けようともしない。
 日本は羅針盤を失った船のように漂流を続けている。
一方アジアの隣国は 青少年のグローバル人材化に政府が真剣に取り組んでいるそうだ。
何もせずに「現状維持」等あり得ない。
本気でグローバルな活躍ができる人材を 育てなければ、日本の真の開国などあり得ないと思う。
多くの国難を乗り切った過去の 日本人と今の日本人の資質は全く違うという認識が必要である。「内向き」「下向き」 「後ろ向き」な人材に新しい日本の建設など望むべくもない。
自分も若い人たちが 「外向き」「上向き」「前向き」になるよう微力ながら、支援したい。

吉澤 比佐志

伝えるという事

富山県トラックでは毎月1回土曜日に県トラ塾という勉強会をおこなっている。
内容的には物流の専門知識、社会人としての心構え、社内の業務など多岐に渡っている。

私も毎回1時間の枠で話しをさせてもらっているが、自分の思いを伝えるとい事の難しさを痛感している。
講義の後、感想を書いてもらっているのだが、自分の伝えたい事が半分も伝わっていない事を思い知らされる。
自分としては、周到な準備もし、伝えるべき事は伝えたという思いでいるし、
できるだけ易しく話しているつもりなのに、である。

 しかし、どんなに自己弁護をしても、ここに存在している事実はただ、
「伝わっていない」という事だけである。
仮に聞き手に問題が有ったとしても、彼らに伝わっていない事が実践に移されて行く事はないのである。

教える立場にある人間の真価は、教わった人間たちがいかに成長したかである。
つまり結果である。
たとえどんなに教養や知識が有る人でも、相手に理解させ、実践に結びつける能力が無ければ、教養も知識も何の役には立たない。
むしろ有害かもしれない。
貴重な1時間を自己満足で終わらない為に、そしてその話を通し社員に気づきをもたらす事が出来るよう、「良く伝える」工夫をこれからも毎回実践して行きたいと思う。

吉澤比佐志

フェアであるという事

もう30年も前の事になるが、仕事で1年間ロンドン
シップブローカーの事務所に出向していた事がある。
入社2年目という多感な時期に異文化圏で、それも英国人やフィリピン人、
韓国人と机を並べて仕事ができた事は本当に貴重な経験であり、
行かせてくれた会社、上司には遅ればせながら感謝、感謝である。

 ロンドンは今も海運業の中心都市であり、バルチック海運取引所(Baltic Exchange)
というブローカーが情報交換する、由緒正しき集会所が有り、
ブローカーのステータスは日本とは比べ物にならないほど高く、
彼らは自分たちの職業に誇りを持っている。
そのブローカーから教わった事で今も心に刻まれている事は、
「フェアであれ」ということである。

 彼らが商談をする時にこの「フェア」という言葉が頻繁に使われ、
ブローカーとして「フェア」な取引を仲立ちし、当事者全てがハッピーになる事で
彼らの「ジェントルマン」としての自己実現がなされて行くように感じた。
「フェアネス」とは何かと聞かれれば、それは生きる為のルールであり、
「フェア」である事は自分自身との契りだと思う。

しかし、自分も含め人間とは弱いものであり、
時に奇妙な「力関係」を振りかざし、アンフェアな振舞いをしてしまうことがある。
力関係の優位を得る事により、アンフェアが許されると錯覚してしまうのだ。

 フェアであることで、人は人に対して優しくなり、思いやりを持てるようになれる。
そして相手のやる気や善意を引き出す事もできる。
我々も「フェア」な仕事を通じて、お客様との良好な関係を築き上げたいと思う。
英国で学んだジェントルマンシップが富山県トラックの企業風土となる為に。

吉澤 比佐志



現在は超高層ビルが建つ

東日本大震災に想う

 3月11日に発生した大震災から1カ月が経過した。
被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。日々皆様の生活に希望の光が増します事をお祈り申し上げます。 

 1か月が過ぎた今も原発の放射能漏れは解決されず、国民はこれをどのように受け止めれば良いのか困惑している。
われわれはこれまで、「原発は絶対安心」「原発は絶対に必要」と叩き込まれてきた。
しかしそこには、「大きな自然災害が起こらなければ」という大前提があったのだ。
まるで、ロシアンルーレットのような話である。 

 昨日保安院は事故の評価尺度がレベル7だったと発表した。
事故当初から「チェルノブイリ級ではない」と繰り返してきたが、実際には3月の中旬には既にレベル7の放射線物質が出ていた。
しかし、「健康には影響が無い」を繰り返していた為、発表できなかったと推察される。 
また政府は、福島第一原子力発電所から半径20km圏外の一部地域を、「計画的避難区域」として地域住民を避難させると発表した。これも今までは、屋内待機や安全とされていた地域だ。 
被災者の方たちは地震・津波という自然災害については、受け入れざるを得ないと思う。
しかし、残念ながら原発事故は人災である。
人災であるからこそ、国民の安全や日本の信頼を真に慮る人たちが、自分たちの仕事に対する誇りを懸けて解決しなければならない。
しかし、当事者たちは、国民の安全より、個人や自分の所属する組織の安全を優先している様に思えてくる。
その中命懸けで事故処理にあたっている人たちは、自衛隊、消防、下請け企業などであり、原因を作った人たちではない事を忘れてはならない。 

「国を支えて、国に頼らず」
 福沢諭吉の言葉である。

 現状を嘆く小生に、友人がアドバイスをくれた。今の日本に生きる我々の行動指針をこれほど端的に示す言葉は無い。
日本人一人ひとりが現状を真摯に受け止め、誰かに頼ることなく今何をなすべきかを考え、自分の道を自分で切り開く知恵と勇気を持ち行動を起こすのだ。それがこの国に新しい夜明けをもたらすと確信する。

吉澤 比佐志

旅客機内の携帯電話使用

国土交通省は今年4月から、現在旅客機の運航に支障があるとして機内での使用が禁止されている携帯電話について離陸前着陸後の乗客が乗り降りしている間に限って使用を認めることにしたそうだ。
「機内でも携帯電話を使いたい」という要望を受けて、国土交通省が専門の研究所で安全性を詳しく検証したところ、空港に止まっている間は携帯電話などを使っても旅客機の機器に 支障のないことが確認できたからということらしい。

国際線などでは使用の認められている路線も多くなってきたと聞く。
確かに利便性は高まるかも知れないが日本の国内線でそこまでの必要性があるのだろうか?

個人的な感情ではあるが、他人の携帯電話の会話は耳障りだ。
禁止されていないところであっても、大声で通話をしている人を見ると、何となく不快になってしまう。公共の場所で静寂を保つというのは当たり前のマナーだと思うからだ。どうしても必要なら、人のいないところに移動して電話をするとかメールを利用するとか、解決策はいくらでもある。その配慮もできない無神経さには閉口する。

航空各社は
「乗客の利便性が高まる一方、ほかの乗客の迷惑になるおそれもあるので、 マナーの面も考慮しながら検討したい」
としているが、どんな対応をするのか興味津々である。

「使いたい」というのが要望なら、「やめて欲しい」というのも正当な要望である。
JRのような「携帯電話はデッキで」等と言う誰も守らない様なルールではなく、禁止を含めた納得のできるルールを作ってほしいものである。

吉澤 比佐志

img6_s-3Dny.jpg