社長ブログ”千客万來”

軽油価格上昇に思う

今年に入って、軽油価格がかなりの上昇を続けている。
ひと昔前の 価格が安定していた頃に比べると、リッター当たりで50円高い。
長距離の大型トラックで、コストの増加を考えてみると、

仮に 月間走行距離が8,000kmで、
燃費がリッター当たり3.5kmと仮定すると
燃料使用量は約2,300Lとなり、
経費が115,000円/月上昇 した事になる。

経費全体が10%上昇したと言っていい。
大型トラックを 100台保有している企業なら、年間1億3800万円のコスト増となる。
これを吸収するのは並大抵のことではない。
実際に倒産や廃業に 追い込まれた同業者は多くいるし、今後更なる価格上昇が懸念され、皆戦々恐々としている。
トラック協会では荷主に対して、サーチャージの要請をするようにと指導しているが、運送業者の足並みがそろっていない事も事実だ。
勿論、必要に応じて荷主企業の方たちとは、是々非々の 話し合いが必要だと考えている。

  しかし、ここで見過ごすことができないのは、何故上がるのかという事だ。
価格の変動の原因は中東情勢でも、需給でもなく、過剰流動性による マネーゲームによるものだと言って過言ではない。
行き場を失った金が投機 に向かい金や商品の価格を押し上げている。そのつけを払わされているのが、我々だと思うと、何ともやりきれない。
必死の思いで支払った燃料費は投機の世界で泡の様に消えて行く。
かつて、軽油価格の変動は湾岸戦争 などの有事に限定されており、経営者にとって収益を考える場合は比較的固定的にみる事ができたが、
今は輸出企業の為替のように、評価の見誤りが命取りになる。
車さえ持っていれば稼ぐ事の出来た時代から見たら、隔世の感が有る。

 しかし、この状況も永遠に続くわけではない。
悲観論の中では何も生まれないのだ。
どんなに厳しい時代でも、お客様に必要とされる会社になればいい。
そこに希望の光が有る。
そして、県トラはいつもそれを 目指して行動している。

危機に備える

 今年に入り日本列島は強い寒波に襲われ、厳しい寒さと 降雪が続いている。
東日本大震災を被災され防寒対策の不充分さが懸念される仮設住宅で生活をされている方々はどうしておられるか気にかかる。

 この度の大震災の特徴は 大規模な津波の発生で、それによってたくさんの人が 命と住む家を失ったことだ。
しかし、それははじめて日本を 襲ったわけではなく、たかだか百年の間にその記憶が 風化して行ったにすぎない。
先日ある本で、岩手県の普代村は15.5メートルの防潮堤と水門が有ったため、
死者も住宅の 被害も全く無かった事を知った。
ネットで検索してみると、 驚いた事にこれに関する報道が大変少ない。
Youtubeに投稿 された報道番組を見ると、
大学教授はこんなものは作るのも維持するのも大変なので、一概にいいとは言えない
と述べ、 コメンテーターは有ると安心して逃げないから無いと方が いいと言っていた。

当の普代村でも建設に関しては、喧々諤々あったようだが、当時の村長が、
過去に2度の15メートルの 津波の襲来で多くの村民を失った教訓から、
反対する県や議会を 粘り強く説得して建設に漕ぎつけた
という。
今、難を逃れた村民は 村長の墓を訪れ手を合わせている。
防潮堤があって本当に良かったと感じていると思うし、
仮設住宅におられる人達は 「おらが村にもあったなら」と思っておられるだろう。

 今回の震災の反省点は、当事者が災害に対して希望的観測で対策を立てていた事にあると思う。
事業仕訳などを見ていると よくわかる。
しかし、経営における危機管理はそれではいけないと思う。

もし、大恐慌が起きたらその時考えましょういやそんなものは起きるわけはないではだめなのである。
常に最悪の シナリオを想定し、それでも被害が最小になるよう常に準備して いなければならない。
悪い事はいつ起きるかわからず、起きると それが重ねて起こるのが常だからである。
経営には高すぎると 思われる防潮堤が必要なのである。

吉澤 比佐志

富山に新幹線がやってくる

平成26年度末に北陸新幹線の長野~金沢区間が開業する。
現在県内では至る所でその建設が行われており、富山市から
東側の線路は殆どその姿が明らかになり、西側も急ピッチで
進んでいる。悲願の新幹線が、日々現実のものとして感じられる
ようになってきた。開通すれば東京との間を2時間程度で結ぶ。
在来線を越後湯沢で上越新幹線に乗り換えるルートより1時間強
短縮され、飛行機と比較しても殆ど同等の時間で都心に入れる。
東京へのアクセスは飛躍的に良くなる。加えて、新幹線は定刻に
 駅に行き乗ってしまえばそのまま目的駅まで行けてしまうので、
 事前チェックインや乗り継ぎの多い現在のアクセスに比べてはるかに
 人にやさしい。また東京までの途中にある軽井沢などの観光地にも、
わずか1時間で到着する。「新幹線に乗ってお出掛け」する富山県民は
 今より多くなる事は明らかである。

一方、東京から北陸を見てみると、現在特急で35分程度だった
富山~金沢間が約20分になる。金沢は観光地としては町並みも
名所も食も魅力的な街である。開業時一度は富山に降りてくれた
 お客さんが、また来たいと思う街にならなければ、富山県内の各駅は
(新黒部・富山・新高岡)は素通りされてしまう。既にその危機感を
持っている人もたくさんいる。新幹線は出来たが人もお金も外に出て
行くという事になれば損失は大きい。

元来富山県人は自己PRが得意では無く引込み思案であるが、今こそ
県民一人ひとりが富山の良さを再認識して、日本中からやってくる
人たちに向けて、大いに発信しようではないか。

 立山黒部アルペンルート、トロッコ電車、合掌集落、瑞龍寺、高岡大仏、
温泉、お米、水、日本酒、氷見ブリ、氷見マグロ、白エビ、ホタルイカ、
寒ハギ(ウマズラハギ)、カニ、五箇山豆腐、山菜、等々富山には
豊かな素材がそれこそくさるほどある。開業をにらみ、富山の街を魅力ある
ものにする為に自分に何ができるかを考え行動を起こしたいと思う。

吉澤 比佐志

坂東眞理子さんのお話

先日富山県出身で現在昭和女子大学の学長をされている坂東眞理子さんの 講演を聞いてきた。
坂東さんは富山市の立山町のご出身で東京大学をご卒業後、
総理府に入られ埼玉県副知事やオーストラリア連邦ブリスベーン総領事等を 歴任された方で、
300万部を超える大ベストセラーとなった「女性の品格」 の著者である。
演題は「親が育てるグローバル人材」、小学校の保護者向けの 内容だったが、示唆に富んだ素晴らしい講演だった。

その中で印象に残ったのは、 坂東さんが学長という仕事を通じて、今の若者は夢を描けず「内向き」「下向き」「後ろ向き」になっているのではないかと感じる事があるということだ。
その一例と して、ハーバード大学の学部で学ぶ日本人が今年は1人しか入ってこなかった事を あげられた。
1980年ごろは70-80人だったそうで、正に激減である。
不景気の 影響で企業から派遣される人間が減った事もあるが、それだけではないだろう。
若者が「内向き」「下向き」「後ろ向き」になっているのだ。
日本は戦後の経済成長で世界中の注目を浴びた。
そして人々は豊かになり、それが いつまでも続いてほしいと思うようになった。
現状維持である。

その結果、自分たちの 既得権益にしがみつき自分だけが良ければいいという人が増えた。
坂東さんの言葉を 借りれば、「鎖国」状態である。
そこに大地震が起きた。
大変不幸な出来事ではあるが日本が大きく変われるチャンスだ。
しかし現実はどうだろう?
問題解決にあたる当事者には、「自分たちは何も変えたくない」事が方針決定の根底にあるにように映る。
それどころか、苦しんでいる仲間を助けようともしない。
 日本は羅針盤を失った船のように漂流を続けている。
一方アジアの隣国は 青少年のグローバル人材化に政府が真剣に取り組んでいるそうだ。
何もせずに「現状維持」等あり得ない。
本気でグローバルな活躍ができる人材を 育てなければ、日本の真の開国などあり得ないと思う。
多くの国難を乗り切った過去の 日本人と今の日本人の資質は全く違うという認識が必要である。「内向き」「下向き」 「後ろ向き」な人材に新しい日本の建設など望むべくもない。
自分も若い人たちが 「外向き」「上向き」「前向き」になるよう微力ながら、支援したい。

吉澤 比佐志

伝えるという事

富山県トラックでは毎月1回土曜日に県トラ塾という勉強会をおこなっている。
内容的には物流の専門知識、社会人としての心構え、社内の業務など多岐に渡っている。

私も毎回1時間の枠で話しをさせてもらっているが、自分の思いを伝えるとい事の難しさを痛感している。
講義の後、感想を書いてもらっているのだが、自分の伝えたい事が半分も伝わっていない事を思い知らされる。
自分としては、周到な準備もし、伝えるべき事は伝えたという思いでいるし、
できるだけ易しく話しているつもりなのに、である。

 しかし、どんなに自己弁護をしても、ここに存在している事実はただ、
「伝わっていない」という事だけである。
仮に聞き手に問題が有ったとしても、彼らに伝わっていない事が実践に移されて行く事はないのである。

教える立場にある人間の真価は、教わった人間たちがいかに成長したかである。
つまり結果である。
たとえどんなに教養や知識が有る人でも、相手に理解させ、実践に結びつける能力が無ければ、教養も知識も何の役には立たない。
むしろ有害かもしれない。
貴重な1時間を自己満足で終わらない為に、そしてその話を通し社員に気づきをもたらす事が出来るよう、「良く伝える」工夫をこれからも毎回実践して行きたいと思う。

吉澤比佐志