スタッフブログ

BANANA

みなさん、こんにちは!!

「ミスター旅行好き」の吉川です☆

2018年も残すところあと3ヶ月になりました(まだこう言うのも早ですかね?笑)

年末年始は久しぶりに県外で過ごそうと考えています

今からウキウキします♪

さてさて、皆さんの「ハマっていること」は何ですか?

私は最近「バナナジュース」にハマっています♪

バナナ1本と飲むヨーグルト適量、ヤクルト1本を単にミキサーでウィ~ンと
混ぜるだけですが 笑

お腹が弱いので、朝でなく夜に飲んで1日の疲れを癒しています

「夜はお酒でしょ~~」と言われるかもしれませんが、私の晩酌はバナナジュースです 笑

これを飲むと1日の疲れとストレスがぶっ飛びます

ストレス社会と言われ、早何年でしょうか?笑

ストレス解消方法は人それぞれですが、私は私なりの解消方法で、

気持ちをリフレッシュして次の日に臨みたいと思います

2018年度下期が始まりましたので、また新たな気持ちで明日からも頑張ります!!

ウキッ!

2018100101.jpg

物流部物流1課  
吉川 裕也

防災の意識を高める

 近年は自然災害が多発し全国各地で大きな被害が出ています。
被災者のみなさまには心よりお見舞いを申し上げます。

 富山県トラックでもリスクマネジメントの一環としてBCP(事業継続計画)の策定を進めており、
その最中で多発する災害の様子を報道などで見聞きすると、やはり普段からの備えというのは重要であると痛感しました。
全ての災害に備えることは困難ですが、
BCPを策定する中で「このような災害が起きたときはどうしよう」と考えることで
防災に対する意識も変化します。
また、「災害が起きたときにどうするか」ということを少しでも考えたことがあるか・ないかの違いが
いざという時に冷静に、適切に行動できるか、もしかしたら生死を決定づけるものになるのかもしれません。
我が家でもわずかですが水や食料を備蓄し懐中電灯などを用意しました。
また、「こういう災害の時はどこにどうやって逃げようか。あの道は危なそうだ。」などと話し合いました。

 富山県は地震や台風の被害が少ないところだ、とよく言われます。
私の周りの多くの人もそのような認識で、実際のところ私自身も「まあ大丈夫だろう」という気持ちがまだあります。
でも災害の報道でよく聞くのは「まさかこの地域で・・・」という言葉です。
災害に備える行動をして、空振りだったとしても、「なにもなくてよかったね」という気持ちでいればいいのだと思います。
ぜひ、一度「もしものこと」を考えてみてください。
そしてできることから対策を始めましょう。

IMG_8823.jpg

総合企画部 春田 智勝

流行の池に行ってきました。

こんにちは。総務部の野村です。
やっと9月に入りましたが、まだ夏みたいですね。
雨が降ったり急に涼しくなったりもするので、体調や安全には気を付けて過ごしてください。

先日、岐阜県まで「モネの池」と呼ばれる池を見に行きました。
池なんかわざわざ見に行くものかという気もしますが、人気のある池なのです。

2018090601.jpg


モネの描く、睡蓮の浮かぶ池の絵に似た美しい池ということで、インスタグラムやツイッターで話題となり、新聞やテレビでも取り上げられ、とても有名になったそうです。

岐阜県の関市にあるこの池ですが、本当にあるのか心配なほど、周りは山と田んぼばかり。
ところが着いてみると、駐車場は複数あり、観光バスまで停まっていました。

2018090602.jpg


↑池の周りにはたくさんの人がいました!
みなさん、より綺麗に写真を撮れる場所を探しています。

2018090603.jpg


また、池の近くにはモネポップコーンや、モネジュースを販売するお店がありました。

有名だとは知っていましたが、予想していたより混雑していて驚きました。
確かにきれいでしたが、この池はどこかの町内にもあるような小さな神社の入り口にある池で、元はとても人がたくさん来るような場所ではなかったはずです。近くに住む人たちも驚いただろうと思います。
この池が有名になった効果で、関市の観光客数が2014年から2017年の間で、73万人も増加したそうです。
誰かがSNSに載せたことで、田舎の小さな池がこんなに人気が出るのは不思議で面白いなと思います。
身近にも、知らない人から見ると興味深く、流行る可能性のあるものがあるかもしれません。

「県トラのトラックを待ち受け画面にすると願いが叶う!」とか、どうですか~。

総務部
野村 夏未

夏といえば...

こんにちは!物流1課の中川です。
今年は非常に暑い夏となっていますが、体調を崩さずベストなコンディションで仕事を続けています。
さて、夏といえばみなさんは何を思い浮かべますか?
十人十色ではあるでしょうが、今回は夏の全国高校野球選手権大会についてお話したいと思います。

 今年は100回記念大会のため、従来より7校多い56代表校による大会となりました。私が触れたい話題は、『新ルールの導入』についてです。今年の選抜高校野球大会から「延長戦におけるタイブレーク制」が導入されました。このタイブレーク制のメリットは、選手の身体的負担(特に投手)の軽減や試合時間の短縮などが図れることです。その一方で無理やり決着をつけさせてしまう制度なため野球としての面白さがなくなってしまう可能性があります。実際に延長12回を超えたためタイブレーク制が適用された試合もありましたが、どの試合も見ごたえのある試合でした。近年ではこの採用されたタイブレーク制のほかに投手の連投制限や球数制限を導入した方がいいのではないかとも言われています。猛暑の中での試合や過密日程による身体的な負担が大きいことからこのようなルールの改正が浮上したのだと思います。また、炎天下での試合による負担や雨天中止による日程変更の可能性があることから、試合会場を甲子園球場から空調が効き、雨天中止のない京セラドームにする案もあるそうです。これも時代の流れで変わっていくのかもしれません。

 野球だけでなく私たちの日常でも様々な改正が行われています。時代の流れに沿って改正されていくものもあれば伝統やしきたりなどを大切にし、守り続けていかなければならないものもあります。今回の高校野球のタイブレーク制の導入による試合の影響は大きいと思いますが、一人の野球ファンとして今後も選手たちを応援したいと思います。

20180822.jpg

物流1課  中川 眞

6月より新しい業務へ従事

こんにちは 石川営業所の市村です。
私は、入社して今年で7年目になります。

 今までは荷主企業様の工場内での業務に従事しておりましたが、6月よりハイエースで県内配送の業務に従事しております。
荷主企業様の取引先へ大切な製品をお届けする、大変やりがいのある業務です。
配送エリアは、石川県金沢市・白山市・能美市・小松市など、一日平均150km程を走行しており、主に配送する製品は、電子部品及び電子機器の製品です。
小さな物や精密機械や電線等、どれも取り扱いには気を遣う製品であり、日々緊張感を持って車輌の運転と製品の取扱いを行っております。

 県トラへ入社して以来、配送の業務に興味がありやってみたかった業務なので毎日とてもやりがいを感じています。
現在まで無事故・無違反で安全に業務をこなしているので、これからも継続して行ける様に常に緊張感を持って頑張って行きますので、皆さん温かく見守って下さい。


石川営業所
市村

2018080801.jpg