スタッフブログ

明けましておめでとうございます

物流部の中村です。

先日大リーグマリナーズのイチロー選手が、故郷の愛知県で行われた
「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式で少年たちに送ったメッセージが
強く心に響きましたのでご紹介します。


「自分でできると思ったことは、必ずできるとは限らない。でも、自分ができないと
思ってしまったら、それは絶対にできない、という事を覚えておいてほしいと思います。
周りができないということはたくさんあるんですけど、それでも自分が頑張っていたら、
最後できることもたくさんあります。できないことももちろんたくさんあるんですけど、
自分の中で自分の可能性を決めないでほしい」


たゆまぬ努力を続けてきたレジェンド・イチローの言葉は、やはり重みが違います。

運輸業界も人手不足、働き方改革への対応、それに伴う有料費の増加、
燃油の高騰等々、難しい課題が山積しています。

しかし、これは無理だと最初からあきらめては何も始まりません。
イチロー選手の言葉を糧に、知恵を絞って解決の道を一つ一つ探って行きたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

物流部 中村誠

チャレンジ!

ジングルベ~ル♪ジングルベ~~ル♪鈴が鳴る~♪(ヘイ!)
と、いきなりのクリスマスソングで気分を盛り上げてみました。
こんにちは。運輸部の中野です。

平成最後の12月、皆さんやり残したことはありませんか?
私は、ずっと気になっていた「越中富山ふるさとチャレンジ」に先月、挑戦してきました。
「越中富山ふるさとチャレンジ」とは・・
自然や歴史、文化、地理、産業など幅広い分野で富山への理解度を問うご当地検定です。
http://www.ecchu-challenge.jp/
また、県内各地をめぐる「スタンプラリー」もあり、検定時に最大20点加点されるとなると、やっぱり20点集めたくなりますよね(笑)
頑張りました♪(イェイ!)

20181221.jpg


試験を受けるにあたり、新聞やテレビなどの地元のニュース、雑誌や富山の旅番組などを色々チェックしてきました。その知識を試す検定はマニアック的な問題もあり難しかったけど、やりきりました~。ずっと気になっていたことが終わって、ひと段落です。

12月も後半になり、いよいよ冬らしくなってきました。
残りわずかの2018年、体調管理をしっかりして良い年越しを迎えられるようにしていきたいと思います。

運輸部 中野美砂子

密かな日課

こんにちは。最近筋トレにハマっている田村です。
といってもジムに通っているわけではなく、家でできる簡単なものをゆるーくやっています。
きっかけはもちろん痩せたい!という思いから。笑
食事を制限するのは続かないし、健康にもよくない...ならば筋トレだ!となったわけです。
夏の終わりから毎日続けていますが、意外と続くものだなーと自分でも感心しています。

今回はせっかくなので"ワイドスクワット"のやり方を簡単にですが紹介したいと思います。

①肩幅よりも広く両足を広げる
②両足のつまさきを外側に向け、背筋を伸ばす(このとき膝はつま先と同じ方向に)
③足を広げた状態で太ももが地面と平行になるように腰を落とす


負荷をかけてやっていますがこれが結構きつい!笑
正しいフォームで行うことが大事なので、詳しく知りたい方はぜひ検索してみてください〜

これから本格的に寒くなりますが、寒さに負けず、気長に続けていきたいと思います。

20181203.jpg


運輸部 田村舞純

魚釣りを通して感じること

皆様、お久しブリーフ!
知る人ぞ知る? 石川県加賀市出身の芸人"ダンディ坂野"のギャグです。
石川営業所へ赴任し一年を迎える 鴨島です。
私も石川県に大分染まって来たようです。

寒くなり北の国では初雪のニュースも耳にするようになりましたが、幸いなことに今年は
暖冬の予報が出ており、我々物流業界にとっては大変嬉しい予報です。

さて、今回のブログは『魚釣りを通して感じること』と題しお届けします。
昨年より、私の上司であります営業部の坂木部長からの勧めで魚釣りを始めました。
夏は砂浜からのキス釣り、春と秋は、防波堤からのクロダイ(チヌ)やヒラメ、カレイなど
色々な釣り方で様々な魚を狙っています。
道具選びから仕掛けの作り方、エサの選定、場所選びなど全て坂木部長より教えて頂き、
ようやく一人で魚釣りに行けるようになりました。

以前、営業活動をする上で魚釣りに例えた指導を社内で受けたことがあります。
■魚のいないところに釣り糸を垂らしても魚は釣れない
 →営業では、お客様の要望やニーズのない領域に営業活動を行っても成果なし
■魚のいるところに釣り糸を垂らしても、仕掛けやエサが合わなければ魚は釣れない
 →営業では、戦略と戦術を考え営業活動を行わないと成果なし
■魚が釣れても取り込みが上手く行かなければ魚が逃げて行く
 →営業では、品質含め業務が完結しなければ売り上げは上がらない

まさしく、魚釣りの極意は私の担当している営業活動に置き換えられる共通点が多いです。
釣果を皆さんにご報告出来る様、仕事と趣味を両立して行きたいと思います。


【おまけコーナー】最近の釣果です。
30cmを超えないとクロダイ(チヌ)と呼ばないそうで、
30cm以下をチンタ(各地の方言もありますが)と呼ぶそうです。
私はまだまだでしたが、先日大物GETしましたっ!!

9月17日 25cm

2018111901.jpg



 11月3日 26cm

2018111902.jpg


11月18日 40cmオーバー
(ついにやりました!嬉しいです!)

2018111903.jpg


県トラ新聞にも記事が掲載されておりますのでご覧頂ければ幸いでございます。
http://kentora.co.jp/company/news_kentora/

石川営業所  鴨島 忠

3つの年号を生きる

今年も残すところ2か月を切りました。
皆様は、2018年の振り返りと2019年の目標設定はされましたか?

 私個人は来年2019年、厄年(本厄)を迎えます。自分がもうそういった年齢になったのだなとつくづく思います。決して厄年に怯えている訳ではありませんが、一つの区切りとして大きな年になると思っています。良いことも悪いこともあろうかと思いますが、1つ1つをしっかりと受け止め厄年を楽しみたいと思います。
 
また、「平成」の年号が変わる年でもあります。自分が幼いころは、祖父や祖母をはじめ「明治→大正→昭和」を生きてきた人に対して、凄いといった感情がありました。3つの時代を生きてきたということに対しての驚きというか、尊敬というような感情であったような気がします。

しかしどうでしょう?今、まさに自分が3つの時代を生きようとしています。自分があのころ抱いた感情を、自分の子や孫も感じるのでしょうか。「昭和→平成→○○」どんな年号が入るのでしょうか?楽しみで仕方ありません!
なにはともあれ、自分が3つの時代をどう生きてきたか胸を張って言えるように、新しい時代を迎えたいと思います。

物流1課 花井 篤史

20181105.png