スタッフブログ

2017年全社会議・安全祈願

寒い冬には使い捨てカイロが欠かせない寒がりの中野です。

去る1月14日(土)に、2017年の「安全祈願」と「全社会議」が開催されました。
毎年恒例の安全祈願は富山縣護國神社にて行われ、一年間の無事故と健康を祈願しました。今シーズン一番の大寒波到来だったこともあり、今年はより一層身も心も引締まりました。

2017012001.jpg
2017012002.jpg

安全祈願終了後は、全社会議が行われる富山電気ビルディングへと移動です。
楽しみにしていた昼食タイム♪
帝国ホテルのレシピを引き継いだ、名物のカレーライスは絶品です!美味しくいただきました♪

2017012003.jpg



お腹も満たされ、いよいよ全社会議です。
吉澤社長より2017年のキーワード、目標と施策が発表されました。
2017年度のキーワード
「和を以て貴しと為す」~心を一つに合わせ、利他の心で仕事を全うしよう~
・良いことを成し遂げるために上下の隔てなく自由に議論をし、より強固な絆を築こう。
・自分本位に行動することなく、お客様、会社、仲間のことを思い仕事をしよう。

続いて全社・各部門の目標と施策、また小川部長代理より3ヶ年経営計画が発表されました。3ヶ年計画は今後、県トラが発展をしていくために社員全員が一丸となって取組む課題です。
顧客満足度の高い仕事を提供しお客様に信頼していただけるように一人一人がやるべきことにベストを尽くす。これを県トラ社員全員が心を一つにして取り組めば最強です。

2017年が始まりました。
私もこのキーワードを心に刻み、お客様に信頼と満足をしていただけるよう、これからも日々努力をしていきたいと思います。

運輸部 中野美砂子

2017012004.jpg
2017012005.jpg

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
本年も富山県トラック株式会社をよろしくお願いいたします

さて、昨今'ゆとりは・・・、ゆとり世代は・・・'と若い世代を蔑称する言い回しが多用され、空気読めない・指示待ち・打たれ弱い・協調性がない・・・と散々な言われ方をしています。
しかし本当のところ、どうなんでしょうか?

'ゆとり世代'ってバカにされていますが、小職の若いころは'新人類'と呼ばれ、
今と同じように上司からは'なんだこいつら'と思われていました。(いつの時代も同じです)
そもそも、ゆとりを生み出したのは、その親、つまり我々の世代ですし、
世間を騒がすモンスターペアレンツは、ズバリ我々の世代のことなのですから。


数多くの名言で有名な山本五十六さん。
'やって見せ、言って聞かせてさせてみて、ほめてやらねば人は動かじ'が
とくに有名ですが、次のような名言もあります。

「実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。
なぜなら、われわれ実年者が若かった時に同じことを言われたはずだ。
今どきの若い者は全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ、道で会っても挨拶もしない、いったい日本はどうなるのだ、などと言われたものだ。
その若者が、こうして年を取ったまでだ。
だから実年者は若者が何をしたか、などと言うな。
何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。」

今から70年以上前にこのようなことを言われていたのですね。
小職も実年者(50歳~60歳代のことを一般的にこう言うそうです)になりました。
自分たちの時代のことは棚に上げて、'今どきの若い者は・・・'つい言葉に出してしまいがちです。
大いに自戒せねばなりません(反省(´;ω;`)ウッ...)

確かに'ゆとり'でひとくくりにされたら、言われた方はたまったもんじゃありませんね。
これから社会に羽ばたこうとする人と、経験も知識もそれなりについた実年者とでは、時代も違うしジェネレーションギャップがあって当然でしょう。変化についていけてない実年者側にも多々問題があるようにも思いますし。
結局いつの世代にもキラリと光る人はたくさんいるし、その逆もまたしかりという事でしょうか。世代をひとくくりするのではなく、個々ってことですね。


さて、もうすぐ18年の就職活動が始まります。
県トラでは、キラリと光る'自分'を持ってる方、お待ちしています。

ゆとりのどこが悪い!私は私!―そうです。どうどうと自己主張してください。
あなたの個性をわかってくれる大人はたくさんいます。
ぜひ多くの会社を回って、自分と波長の合う会社を見つけてくださいね。
私たち県トラ採用チームもそんな貴君貴女との出会いを楽しみにしてます!

PS:、皆さんが実年者になった際には、我々と同じ轍を踏まないようにお願いしますね(笑)


物流部
中村 誠

やれると信じる事

 先日、FIFA・クラブワールドカップサッカー決勝戦が行われました。今年は日本のクラブチームチャンピオンとして出場した鹿島アントラーズが、アジア勢として史上初の決勝進出を果たし、決勝戦でもヨーロッパチャンピオンレアル・マドリード相手に堂々とした戦いをみせ、私達視聴者の目を釘づけにしました。
準決勝で南米大陸チャンピオンのアトレチコ・ナシオナルを倒したことにも驚きましたが、決勝戦での試合内容には本当に驚きました。一時は、本当にヨーロッパチャンピオンに勝つのではないかと思える位に、優位な戦いを展開していたと思います。
前評判では当然ヨーロッパチャンピオンのレアル・マドリードがはるかに格上ということから、鹿島アントラーズは粘りの守備で勝機を掴むことが勝利への道だと予想されていました。しかし、実際の試合では攻めの姿勢を貫き、前評判を完全に覆す戦いをしました。

 なぜ、これほどの戦いができたのかを考えてみました。そこには、間違いなく「ハート、メンタルの部分」が大半を占めていたと考えられます。選手全員が勝てると信じ、チームが一丸となって試合に臨む姿勢が、見ている側にも強く感じられました。決勝戦で2得点をあげた柴崎選手が試合前にこのように言っていました。「キャプテン(小笠原選手)が2位も最下位も一緒だとよく言っているように、勝たなければ何も意味がない」と。
 鹿島アントラーズには、過去に選手として、その後監督として在籍したジーコイズムが根強く浸透しています。どんな試合であろうと、どんな相手であろうと「負けて当然という試合なんて無い」というジーコの考えがチーム全体にしっかりと染みついています。その証拠として、試合終了後も相手がレアル・マドリードだから仕方がないという感覚は全く感じられず、インタビューに答えた柴崎選手は「勝てるチャンスがあったのに、勝つことができなかったことが悔しい」と話していました。
 今、私達富山県トラック㈱では3ヵ年経営計画を立てています。その実行計画チームの一員として私も参加させてもらっています。その中で、当然難しい課題も出てきます。しかし、初めからできないという考えやマイナス的な思考は持たず、絶対に出来ると信じチーム一丸となって「勝利」したいと思います。サッカーと仕事、グラウンドは違えどそこにある根本的な部分の「ハート、メンタルの部分」は同じであることを再認識できたとても素晴らしい試合でした。日本サッカー界の未来、富山県トラック㈱の未来が楽しみです!!

2016122201.jpg2016122202.jpg



物流部 花井 篤史

期限を決めて行うこと

本格的に寒くなり、手と足の冷え対策に悩んでいる田辺です。

12月に入り、今年もあと1か月を切りました。
年末と言えば大掃除。
我が家では12月に入ると、毎週末の午前中は掃除の時間に充てています。
私がまだ学生だった頃は、12月30日・31日にまとめて大掃除をしていましたが、数年前からは「年末はゆっくり過ごしたい」という母の強い希望もあり、早ければ11月下旬、例年では12月初旬から週末の午前中を使って少しずつ掃除を行うようになりました。
基本的に午前と時間は決めていますが、「掃除のプロ」(←自称 笑)である母の許可が下りないと午後まで掃除をさせられることもあります。
一発OKをもらうためモップスリッパ(足の裏がモップになっているスリッパ)を着用したり、ハンディモップやクイックルワイパーといった掃除器具を使ってみるなど自分なりに試行錯誤しながら毎年掃除をしています。

年末までに家の掃除を終わらせるという期限を決め、年末(30日・31日)に忙しく慌てないために、約1か月前から優先して掃除する場所・役割分担・必要なモノは何かを考え掃除の予定を決めて行います。(具体的には、「台所・リビングなど1人だと時間がかかる場所」「トイレや玄関など1人でできる場所はどこか」などです)

我が家の一大イベントである「年末大掃除」では母がすべての予定を決めていますが、自分自身の仕事のことで置き換えると、『納期・納品直前に慌てないためには自分自身でどうするか』をしっかり考えなければいけません。優先順位・準備できることをしっかりと考え行動できるように心掛けていきたいと思います。

物流1課
田邊 由貴

20161202.jpg

子育てから学んだこと

こんにちは。
1年間の育児休暇から復帰し、まだそわそわしている鈴木です。
電話を取るのも少しどきどき・・・
まるで新入社員のように新鮮な毎日を送っています。

さて、子供が生まれてから以前にも増して重要だと感じていることがあります。
それは、「時間に余裕を持って行動する」ということ。

自分ひとりだと、
『あれはあーしてこーして...うん、まあ何とかイケるな!』
なんて思っていたことが、子供ができてみると、まぁ思うようにいかない!!
「何とか」なんてならない!!
予定外の事態が起きる起きる。
最初のうちはプチパニックになりましたが、
途中からは何が起こってもおかしくないと悟り(笑)、
物事を早め早めに進めるようになりました。
その結果予定外の事態にも柔軟に対応できるようになり、心にも余裕ができてきたと感じています。

仕事でも「時間に余裕を持って行動する」ことを忘れず、心に余裕を持ち、
これまで以上によい仕事ができるよう頑張りたいと思います。
これからまたよろしくお願いします。

総務部 鈴木 和紗

2016111801.jpg